So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲリラ豪雨 予測 不可能なぜ? [生活]

ゲリラ豪雨 予測 不可能なぜ?
ここ数年夏になると毎日のようにニュース
注意を呼び掛けているゲリラ豪雨


なぜ予測は不可能なのでしょうか


天気予報みたいにゲリラ豪雨が予測出来ると
被害も抑えられるのですが


ゲリラ豪雨が予測不可能な原因を調べてみました。

 

ゲリラ豪雨とは
夕立と違い10kmから数10kmの範囲で
1時間に雨量が50mmを超えることです。


短時間で雨量が50mmを超えるとは凄い豪雨
でひどい時は80mmを超える時もあります


想像しただけでとてつもない量の雨が滝の様に
叩きつけてくるのがわかりますよね。


ゲリラ豪雨の原因となっているのが積乱雲による
もので、地上の温かく湿った空気が上空の冷たく
渇いた空気混ざって出来るのです。


普通の積乱雲だと約1時間ほどの間に出来るので
雨が予測できるのですが、ゲリラ豪雨の場合は
わずか数分で積乱雲が出来てしまうので予測不可能
になってしまうのです。


その原因はヒートアイランド現象

自動車や工場、エアコンの排熱

・ビルやコンクリートアスファルトの反射熱

・緑が少なく熱がこもってしまう

などからヒートアイランド現象が起こります


都心部に集中してゲリラ豪雨が多いのは
このせいからですね。


それを少しでも減らすためにエアコンを控えたり
道路やビルの屋上に緑を置いたりしていますが
圧倒的に熱がこもってしまう方が多いので
今のところ、あまり効果は出ていません


予測は不可能ですが、ゲリラ豪雨の直前には

カミナリが近くでなり

・冷たい風が吹いてきて

・黒い暗い雲が近づいてくる

といった現象が起こるので


そうなったらなるべく外に出ず屋内で少し
待機してください。

少しでも被害を押さえて夏を楽しみたいですからね。

 

----------------------------------------------------

こちらの記事もよかったらどうぞ。

麦茶 熱中症 生活習慣病 万能効果あり

熱中症対策 飲み物 手作り

-----------------------------------------------------

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。