So-net無料ブログ作成
検索選択

亀田興毅 試合 勝利 7度目の防衛 [スポーツ]

亀田興毅 試合 勝利 7度目の防衛
亀田興毅選手がWBA世界バンタム級タイトルマッチの
試合で勝利し見事7度目の防衛に成功しました。

亀田興毅1.jpg


そして4階級制覇に向けて亀田興毅選手は
この試合の勝利がいい弾みになったと、7度目の
防衛も通過点に過ぎないという事か!

 

亀田興毅選手は
2003年11月17日に17歳の誕生日を迎えて
プロボクサーになり

亀田興毅2.jpg


2006年8月2日にファン・ランダエタ選手に勝利し
WBA世界ライトフライ級チャンピオンになりました
亀田興毅選手は、一度ダウンを取られているので
周りから判定がおかいしのではと言われましたね。


確かに実際見てて判定負けかと思いましたが


その後、ファン・ランダエタ選手と再戦し見事に
勝利し初防衛を達成して、きっちりと俺の方が強いと
証明してくれました。


2009年11月29日に内藤大助選手に判定で勝ち
WBC世界フライ級チャンピオンになり2階級制覇しました。


弟の亀田大毅選手が内藤大助選手に負けていて、しかも
反則行為もあり色々言われている中での内藤大助選手との
試合だったので、余計に嬉しかったでしょう


きっちり最後までお互いいい試合をしていましたし
亀田三兄弟の汚名返上でもありましたね。


2010年12月26日にアレクサンデル・ムニョス選手に勝利し
WBA世界バンタム級チャンピオンになり見事3階級制覇
成功しました。

亀田興毅3.jpg


日本人では初の3階級制覇をした亀田興毅選手


今回のジョン・マーク・アポリナリオ選手に勝利し7度目の
WBA世界バンタム級の防衛に成功した亀田興毅選手


本当に凄いですよね


プロになり始めの頃は、闘志むき出しで、やんちゃだった
のが世界チャンピオンになり防衛を続けていくうちに、
しっかりとした落ち着きがあり、チャンピオンとしての
風格がしっかり出ていますからね。


ボクシング選手はみんな常に、自分にすごくストイック
ですが、亀田興毅選手はそれ以上のストイック差と
向上心があり、より貪欲に強さを求めていますよね。


それが人一倍あり、努力を続けているので3階級制覇
成し遂げることが出来ているのだと思います


そして前人未到の4階級制覇に向かって今以上の
努力と強い精神力で夢を勝ち取ってほしいです。

 

-----------------------------------------------------

こちらの記事もよかったらどうぞ。

藤本美貴 子供 かわいくない

キャサリン妃 出産 男児 名前は

柿谷曜一郎 魅力 日本代表

----------------------------------------------------

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。